Open/Close Menu 私たち内閣府認証NPO法人日本アニマルセラピー協会では、会員数約1,500名、アニマルセラピスト資格取得者約1,000名、登録セラピー犬約700頭と共に、平成19年設立以来延べ6万人以上の方々を対象にアニマルセラピーを実施してまいりました。
Home · Blog · アニマルセラピー日記(ブログ) : 2018年4月26日、週刊誌「女性セブン」に掲載されました

女性セブン 5月10・17日号(小学館発行)「ペット通信/高齢者とペット②」の中で、

当協会高松理事長のインタビュー記事が掲載されました。

動物とのふれあいは認知症ケアにも!

「肉体的なことに限らず、ペットとの触れ合いには、さまざまなメリットがあります」

「動物と触れ合うことで会話や笑顔が増え、表情が豊かになるんです。そのため、認知症ケアにもつながるといわれています」

医療現場にも取り入れられている「アニマルセラピー」

「セラピーというと単なる癒しと思われがちですが、本来は治療・療法という意味。最近では、その効果が認められ、医療現場でも実績を上げています」

動物と触れ合うと幸せホルモン・オキシトシンが分泌される

「オキシトシンには、不安を和らげ、幸せな気持ちにさせる働きがあります。さらに免疫力が高まるともいわれていて、実際、ペットと暮らしている人は、ペットを飼っていない人より、年間20%前後、病院に行く回数が減ったというデータがあるほどです」

IMG_2653

サイトマップ
(このホームページの内容一覧)

〒242-0021 神奈川県大和市中央4-6-27伴ビル1-A
電話:046-263-1782
ファクス:046-263-1783
info@animal-t.or.jp