046-263-1782
info@animal-t.or.jp
〒242-0021神奈川県大和市中央4-6-27伴ビル1-A 


  理事長挨拶・略歴
 
 NPO法人日本アニマルセラピー協会
理事長 風間詠子
 
動物との触れ合いは私たちの心に安らぎ、癒やしを与えてくれます。この動物が持つ癒やしの力を借りて心身を健康に導く動物を介在とした活動がアニマルセラピーです。

誰しも犬と触れ合うと不思議と笑顔になります。当協会では、アニマルセラピストの資格所有者が特別な訓練を受けたセラピー犬と共に、高齢者施設、介護施設や障がい者施設、学校、病院、緩和ケア病棟、養護施設、刑務所などを訪問し、アニマルセラピー活動を行っております。数々の施設で利用者の方に癒やしと勇気、元気、そして笑顔を与えるのが、私たち、アニマルセラピストとセラピー犬のお仕事です。

欧米ではすでに多くの医療現場においてセラピー犬は活躍しており、すでに医療犬としての地位を確立しております。セラピー犬により医療費も大幅に削減されています。一方日本では、最近は少しずつマスコミでもアニマルセラピーが取り上げられ、注目を浴びるようになりました。当協会の活動も新聞、NHKなどのTV、ラジオ、雑誌などに取り上げられていますが、セラピー犬の認知度はまだまだ低く、その地位も確立されておりません。日本において補助犬の中には、盲導犬、聴導犬、介助犬が入っていますが、セラピー犬は入っていないため許可を得た病院にしか入ることができません。

利用者の方に大変必要とされているセラピー犬を公共の施設にアニマルセラピストと共に同伴できるようにするために、多くの方にご理解をいただきたいと思います。駅前の啓発活動なども行っておりますので皆さまご協力、ご支援をお願いいたします。

犬はこんなに人のため、社会のために役立つんだ!ということを日本中の方に知っていただき、犬の秘められた無限のパワーを再認識していただくことで犬の社会的地位も高くなります。その結果、犬の殺処分減少にもつながると思います。
是非皆さま、アニマルセラピー、セラピー犬を知って下さい!

当協会の活動、理念にご賛同して下さる方は是非会員になって下されば嬉しいです!
犬を飼っていらっしゃらなくても会員になっていただけます。
そして犬が大好きで人のため、社会のために犬のパワーを日本中に広めたい方!是非アニマルセラピストになっていただき、どうか私たちと一緒に活動していきませんか?

Power of dogs touch the heart and make you happy!

NPO法人日本アニマルセラピー協会
理事長 風間詠子


略歴
1989年 立教大学文学部卒業
1989年 三菱商事株式会社入社
1993年 家族の転勤でトルコへ
トルコで2005年にゴールデンレトリーバーのレオを家族に迎えたのがきっかけで犬の素晴らしさに目覚める。4頭のゴールデンレトリーバーと過ごす傍ら、野犬の保護活動を行う。トルコに在留中、趣味で始めたキリムのコレクションが昂じて、キリム・絨毯を扱うビジネスを始める。
2011年 東日本大震災で初めて動物介在活動を知る。同年8月愛犬のゴールデンレトリーバー1頭が亡くなったことがきっかけで協会と出会う。
2012年 一般社団法人人と犬との憩いの場所 理事長就任
2012年~2017年
トルコと日本を行き来し、本業の傍ら日本でのアニマルセラピー活動普及をライフワークに。この間トルコから野犬を5頭連れてきてセラピー犬にする。
2018年2月 日本に本帰国、同年5月NPO法人日本アニマルセラピー協会理事長就任、現在に至る。


Interaction with animals gives us warmth and comfort. Animal Therapy is what we call the activities using this power of healing by animals that enhances health of humans.

Everyone makes a smile when meeting a dog. Our association visits elderly facilities, nursing care facilities, disabled facilities, schools, hospitals, palliative care ward, nursing homes and prisons, with therapy dogs who have received special training and qualified animal therapists. It is our job as animal therapist and therapy dog to offer the guests healing, courage, energy, and smiles during our visits at numerous facilities.
In Europe and the US, therapy dogs are already active in many medical settings, and have already established the position as a treatment dog. Medical expenses are also greatly reduced by therapy dogs.
Meanwhile in Japan, recently, animal therapy has been picked up by the media and began receiving attention. Activities of our association are taken up in newspapers, TV such as NHK, radio, magazines as well. However; the awareness of therapy dogs is still low, and its status has not been established yet.
In Japan, guide dogs, hearing dogs, and assistance dogs are recognized as auxiliary dogs, but therapy dogs are not and therefore cannot enter hospitals without a therapist.

In order to allow a therapy dog accompany with an animal therapist to public facilities, we would like to gain the understanding of many people. Our association also does activities to raise awareness of therapy dogs in front of train stations around Japan, and we kindly ask for your cooperation and support.

Dogs can be hugely helpful for the society and people ! By letting people in Japan know about this and reaffirming the infinite power of the dog's secret, the social status of the dog will also elevate. As a result, we hope it will lead to the decrease of dogs being euthanized. Please come and know us, about animal therapy, about therapy dogs!

We would be deeply happy if those who agree with the activities and philosophy of this association become a member!
You can become a member even if you do not have a dog.
And for those who love dogs and who want to spread their power all over Japan! Would you like to become an animal therapist?

Power of dogs touch the heart
and
make you happy!

Non Profit Organization
Japan Animal Therapy Association
CEO
EIKO KAZAMA


   このページの先頭へ
 
>ホーム >各種認定資格 >お問い合わせ
>アニマルセラピー/セラピー犬について しつけ/訓練 >EnglishHone
活動紹介 >採用情報 .
 >ご入会ご寄付について >協会概要  .