046-263-1782
info@animal-t.or.jp
〒242-0021神奈川県大和市中央4-6-27伴ビル1-B 


See below for English version

ご協力くださった皆様

前略

今年もあと僅かになりました。
2020年。
皆さまにとっても大変な年だったと思います。
新型コロナウィルスにより世界が激変し、
その影響でただでさえ大変な状況下にある
協会も大打撃が続いて嵐の中を逆風を受けながら
走っているような状況でした。
そのような中、
皆さまには沢山のご協力、ご支援をいただきまして
ありがとうございました。
心より感謝を申し上げます。
皆さまのおかげで無事に2020年を終えられる事ができつつあります。
ただ、秋には再開できると思っておりました
セラピー活動も11月に2件訪問したきりで
また中止になり、再開は未定であり、
皆様からのご支援以外は
特にこれと言う収入もなく、
組織としては厳しいまま2021年を
迎える事になります。
少しでも収入を増やす為に啓発活動も再開し
出来る限り私も自ら参加しながら行っていますが、
やはりリスクがありますので、
気をつけながらの活動になります。

現在の様子をお伝え致します。
大変な時期ではありますが、
少しずつ協会も良い方向に向かってはおります。
2018年新体制になってから
犬の頭数をきちんとケアできる数に減らすこと、組織をスリム化することをビジョンに掲げていましたが理想通りの形になりつつあります。

まだまだ組織として予断を許さない状況が続いていますが、一番大変な時期を歯を食いしばって乗り越えていきたいと思っております。私個人としても、コロナウィルスの発生も何か意味のある森羅万象の一つとして捉え、人間としての自らの行いや自然との関わり方を反省しつつ、毎日全てに感謝して、精進していきたいと思っております。

皆さまには引き続き
ご協力、暖かいご支援を頂ければ大変助かります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

沢山の施設の方々が、セラピーの訪問を待っていてくださいます。コロナが収束した折には一刻でも早く、セラピー犬をお待ちくださる方の元へ
訪問させていただきたいと思っています。
そのためには組織を存続させる必要があります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

よい新年をお迎えください。
感謝を込めてご報告、そして
今年最後の
ご挨拶とさせていただきます。

令和2年12月29日

NPO法人
日本アニマルセラピー協会
理事長
風間詠子


To everyone who supports us

I think 2020 was a tough year for everyone.
The world has drastically changed by this pandemic, and the association, which was already in a difficult situation, continued to be hit hard. It was like running in a storm while receiving a headwind.
Under such circumstances, we would like to thank all of you for your cooperation and support.
We would like to show great appreciation from the bottom of our heart.

Thanks to all of you, we are able to finish this year safely.
However, the therapy activities that we thought could be resumed in the fall were canceled again after only two visits in November, and the resumption is undecided. This means that there is yet no income except for the support from everyone, and 2021 will be reached while the organization remains in a tough situation.
To increase the income as much as possible, we have resumed educational activities as much as possible. I am doing it myself as well, but I have to say that there are still risks.

I will tell you about the current situation of our association.
It is a difficult time, but the association is gradually moving in the right direction.
Since the new system was established in 2018, our goal was to reduce the number of dogs to a number that can be properly cared for and to slim down the organization; it is becoming to its ideal shape.

The situation is still unpredictable as an organization, but I would like to overcome the most difficult time by clenching my teeth. For me personally, I regard the outbreak of the coronavirus as one of all things that has meaning, and while reflecting on my own actions as a human being and how I relate to nature, I everyday thank everything that surrounds me, and devote myself to it.

We would be very grateful if you could continue to cooperate and warmly support us. Thank you very much.

Many facilities are waiting for our therapy visits. When this pandemic settles , we would like to visit the people who wait for the therapy dogs as soon as possible.
To do this, the organization needs to survive.

Thank you for your cooperation.

Have a nice new year.
I would like to express my gratitude for this report and make my final greeting this year.

December 29, 2nd year of Reiwa

NPO corporation
Japan Animal Therapy Association
Chairman
Eiko Kazama

   このページの先頭へ
 
>ホーム >各種認定資格 >お問い合わせ
>アニマルセラピー/セラピー犬について しつけ/訓練 >EnglishHone
活動紹介 >採用情報 .
 >ご入会ご寄付について >協会概要/拠点一覧  .